金融業務の一つについて

金融市場でのやりとり

bing

アベノミクス効果の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 金融業務の一つについて

新着情報

証券業を営む金融機関の業務

企業が資金調達を行う際には、銀行等から融資を受ける以外に株式や社債の発行が行われます。このように発行した有価証券が金融市場ですべて売却されればいいのですが、必ずしもそういうわけにはいきません。こうした、リスクを引き受ける行為をアンダーライター業務といいます。つまり、内閣総理大臣から特別の証券会社が、自らの責任で企業の発行する社債や株式をすべて引き受けてこれを金融市場で売却することをアンダーライター業務といいます。この機能によって、有価証券が売れ残ったとしても企業は証券会社を介して確実に資金調達を行うことができるのです。

アンダーライター業務とは

アンダーライター業務は、増資などで新しく発行される株式・債券などの有価証券を発行者・売出主から引き受け、第三者への販売を代行する証券会社の金融業務のことを言います。別の名称として、引受業務と呼ばれることもあります。この業務を行う証券会社は、株式会社から支払われる代行手数料から利益を得ます。しかし、請け負った新株や債券が売れ残った場合には自己で引き受けなければならず、リスクを抱えることになります。なお、アンダーライター業務は金融商品取引法によって、証券取引法第29条の免許を受けた証券会社、登録機関でなければ行うことができないと定められています。