金融で使うレバレッジ用語

金融でのレバレッジは

bing

アベノミクス効果の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 金融で使うレバレッジ用語

新着情報

金融におけるレバレッジ効果

レバレッジとは、てこの原理の事であり、少ない資金でより大きな額の投資をする事により利益率を高める事を言います。金融取引などでよく使われていますが、レバレッジのメリットは少ない資金でも借入金を合わせる事により大きな投資ができる事です。デメリットとしては、投資している商品の価格が急激に変動してしまった場合にこちらに返ってくる損益も大きくなってしまう事です。レバレッジを利かせすぎるとハイリスク、ハイリターンとなってしまいます。ですが、メリットとデメリットをよく理解して、賢くレバレッジ効果を使えば金融取引でより多くの利益を獲得できるでしょう。

レバレッジ効果について

金融におけるレバレッジ効果とは、不動産を購入する際に自己資金だけではなく、借り入れも行うことで、自己資金のみの場合よりも利回りが高くなる効果のことを言います。また、外国為替証拠金取引においては、預け入れた証拠金以上の通貨を取引することをレバレッジを掛けると言います。1ドルが100円のときに1万ドル、つまり100万円を取引する際に、10万円の証拠金を預け入れておけばレバレッジは10倍ということになります。てこの原理とも言います。少額で大きな利益を生む一方、大きな損失を被る可能性もあります。その他の金融商品では、先物取引においてもレバレッジ効果があります。