手形割引が利用できる対象

手形割引の期限と企業

bing

アベノミクス効果の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 手形割引が利用できる対象

新着情報

手形割引をする方法とは

企業者個人が振り出した約束手形には支払いの期日が記入されていて、通常その期日になれば手形に刻印されている金額の支払いを銀行に求める事が出来ます。しかしながら期日の長いものがあります。約束手形を受け取った会社の経営状況が順調である場合には、期日を待って銀行で資金化をすれば良いのですが、今すぐにでも現金が欲しい場合には銀行で手形割引料を差し引かれて資金化をする事が出来ます。早く現金が必要な場合には、手形割引業者を利用する事で即日現金化する事も可能になるようです。

手形割引は融資の代わりに使える

大きな企業と取引をした場合には、代金を手形で受け取ることができる場合があります。期日には現金に交換することができるのですが、それまで待つことができない場合もあるでしょう。このようなときには一時的に融資を受けるのも良い方法ですが、その代わりに金融機関に手形を買い取ってもらいます。手形にはあらかじめ金利が上乗せされているのですが、それを差し引いた金額で買い取ってもらうというのが一般的です。そのときの色々な手数料なども差し引かれますから、価格は額面よりも割り引かれ、そのために手形割引と呼ばれています。